インプット★極楽生活

「読む・見る・聞く」のインプット極楽生活。
その感想を片っ端から記録してみるblog。
<< 中国嫁日記 (六) | main | 離婚してもいいですか? >>
いつも流行に左右されない服が着られる―――ユニクロだから、品がよくコーデに悩まない

服を選ぶのに疲れてしまう、クローゼットに服はあるのに着るものがないというのは「似合うもの」を実は買っていないことから起こります。
そして、シンプルで品がよく、年齢にあった服も「似合うもの」から生まれます。
自分らしく、流行を追わない、しかしおしゃれという服に必要なのは、とにかく「似合うもの」だけです。
ここで、ユニクロのものを使えば、これらはすべて解決できます。ユニクロは、サイズがたくさんそろっており、自分に似合うサイズがまず手に入りやすいからです。また、シンプルなものが多いので、品も出ます。シンプル同士なので、コーディネートも合わないものはありません。
服は「形」「色」「素材」からできていますが、そのうち2つが自分に合っていれば、それは「似合うもの」。
★着ると、「背が高く見える服」は似合っている服
★トーンを変えれば、似合わない色はない
★腕をまくるなど、立体感さえ出せば、似合わない服もあっという間に似合うものに
★服を買うときに「持っているアイテムと合うかどうか」で買わない
など、似合うものを身に着けるための、たくさんのテクニックをご紹介します。 ……引用元Amazon

ユニクロだからシンプルであるという説には異議を唱えるぞ。ユニクロだってプレーンな型じゃなく、ノーマルなものが駆逐されて流行ものばっかりになってる時あるじゃんよ…。

そしてやはり素敵かどうかはコーデうんぬんじゃない、着る人のスタイルが大問題であると痛感する本。またしてもこういう本でどれもこれも提唱されている着方そのものな(袖をまくれだの足首を見せろだの)組み合わせばかりだけど、モデル着用写真があまり素敵に見えないのはおなかがちょっと出てて頭が大きい普通の人スタイルだからなんだろうな。と思ってたら、Amazonレビューでインスタと本の本人スタイルが違いすぎるとか加工詐欺とかけちょんけちょんでちょっと気の毒になった。

確かに最後の行事ごとのコーデ一覧を見るとすごく足が長くスタイルがいいので驚いたのだが、これがインスタやブログで見られる画像なのだと思われる。背景についてる正円排水溝が縦長になっているのでレビューの指摘通り縦に引き延ばしてスリムに加工してるようだ。なんで本は加工無しで出したんだろう。本用にプロに撮ってもらった画像は触れないってことなのかなあ。むしろ何故本を出した…。

| 小説・その他の本 | [Edit]
スポンサーサイト
| - | [Edit]
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

このページの先頭へ