インプット★極楽生活

「読む・見る・聞く」のインプット極楽生活。
その感想を片っ端から記録してみるblog。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | [Edit]
詐騎士

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
ある王国の新人騎士の中に、風変りな少年が一人。少年は今日も傀儡術という特殊な魔術で空を飛び、女の子と間違われた友人をフォローする。しかし、実はその少年こそが女の子だった!性別も、年齢も、身分も、余命すらも詐称。不気味姫と呼ばれる姫君と友情を育み、サディストの王子&上官をイジメかえす。飄々と空を飛び仲間たちを振り回す新感覚のヒロイン・詐騎士ルゼの、色んな意味で予想外なファンタジー!文庫だけの書き下ろし番外編も収録!

web系ライトノベルを読むようになって、最初はセリフ以外の描写の少なさに「読者の脳内補完に頼りすぎじゃね…?」と読者側が世界観や設定、シーンの人物配置、景色などを創造(not想像)しなければならないことに逆に疲れを感じたものだが、慣れてくれば「セリフの応酬だけを楽しみ、その他はテンプレートを当てはめるという暗黙の了解ありきのものなんだな」と飲み込め、逆にパターンのテンプレさえ知っていれば新しい設定や世界観を読み込まなくても雰囲気を把握できるのでむしろ簡単になった。

うん、まあこういうのばっかり読んでたら背景描写が多くきっちり世界観を作っている小説は読めなくなるんだろうなあ、とは思うけども。漫画よりは文字で想像する分量が多いので漫画的な小説という役割を果たしている気がする。

とはいうものの、「このセリフは誰のだよ…」とか「この場面、どういう場所で誰がどこにいるの…?っていうかいるのかいないのかさえわからん」とか、作者だけわかってるんだろうけど描写できてないからやはり戸惑うことも多い。

と、そういう系のwebノベルなのだが、話が「魔法」「男装」「女装」「身分違いの王子から一方的に愛されるヒロイン」「特別能力で無双」「ドレスを着てこれが私…?エピソード」など、まさしくテンプレートで文字で読む少女漫画としてわりと楽しめた。

| 小説・その他の本 | [Edit]
みなさんこれが敬語ですよ
内容(「MARC」データベースより)

「申される」を手がかりに「尊敬語」「謙譲語」について考えたり、「です」「ます」をつけて聞き手への敬意を表現する方法など、学説や世の中の間違いなどを交えて、敬語の仕組みについて解説する。

敬語について一番わかりやすい本だと思う。

複数人に対する敬語と謙譲語が入り乱れる文章の組み立て方が非常にわかりやすい。知人に貸したらそのまま行方不明になってしまい、本のタイトルも忘れてしまってずっと探していた。忘れないようにここに記す。

ものすごくお勧め。

| 小説・その他の本 | [Edit]
俺たちはそれを奇跡と呼ぶのかもしれない

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
眠りから覚めるたびに別人になってしまう。年齢も性別もバラバラ、つながりがあるのかどうかもわからない。そもそも、「俺」はいったい誰なんだー?事態の打開を試みる俺は、「カップル連続惨殺事件」についての週刊誌の記事に猛烈にひきつけられる。俺がこの事件に関係している?事件について調べ始めた俺は、何者かに襲われて…。傑作ジェットコースター・エンターテインメント!!

タイムリープ&入れ替わり物と言っていいのか。

なぜ入れ替わったのかという原因が、自分は「犯人が犯罪を犯す原因を作ったから」という理由でなんとなく納得できても、成り代わるそれぞれの人のその時間である理由がどうもしっくりこない。そして最後の台詞が誰だったのかも、多分恋人じゃないかなあと思わせてるのはわかるけど、本当にそうなのか?そうじゃない可能性だってあるよね?っていう。

奇跡と呼ぶのかもしれない というフレーズもなんかピンとこない。

不思議設定は、その設定にゆるぎない法則と制限の提示がないと説得力がないし、「なんでもありならどうにかできるんでしょ?…どこをハラハラしたらいいわけ?」という気持ちになってしまう。

| 小説・その他の本 | [Edit]
Lily ――日々のカケラ――

【内容情報】(出版社より)
女優・石田ゆり子が日々、大切にしているのは、とてもささやかなこと。
心地よい空間に身を置く。からだの声をきく。人と比べない。
変化を恐れず、切り口は新しく。ユーモアを忘れず、いまを楽しむ……。
あたりまえかもしれないけれど、そんなささやかなことの積み重ねが〈いまの石田ゆり子〉を作っています。
10代のころからとことん自分と向き合い、もがいたなかで得た、石田流哲学&美学。それは老若男女問わず、誰にとってもなにかしら支えとなる、心地よく生きる技が潜んでいます。
大好きなものなどについて綴った21編のエッセイ、正直に語ったロングインタビュー。美の秘訣やお気に入りレシピ、硬軟とりまぜた103のQ&Aほか、全編撮り下ろし、書き下ろし。同居人(猫)・ハニオとタビの成長日記のおまけつきの、石田ゆり子のカケラがたっぷり詰まった、やさしくて、とびきり楽しい1冊です。

石田ゆり子のインスタイメージそのまんまなので、ゆり子好きなら100%お勧め。

| 小説・その他の本 | [Edit]
おいしい。まぁるい鍋パン 皮はパリッ、中はしっとりの本格派

内容情報】(出版社より)
おいしいパン屋さんがたくさんあるフランスでも、家庭でパンを焼く人が増えています。生地を鍋に入れてオーブンで焼くだけで、外はパリッ、中はしっとりの、まぁるいフランスパン「ブール」の出来上がり。フランス流の、そんなおいしい「鍋パン」のレシピ集。

ハード系の手ごね生地を鍋に入れてオーブンで焼くタイプのパンレシピ。

手ごねは捏ねるのではなく、「つまんで引っ張ってたたむ」という動作で済ませているので楽そうだ。普通のふんわりパンでも応用が利きそう。

| 小説・その他の本 | [Edit]
ふわふわ手ごねパンとドーナッツの本

大人気ブログ発の「ふわふわ手ごねパン」のレシピ本。パン作り初めてさんも挑戦できる、シンプルパンが満載! ……引用元楽天

ごく普通のレシピの手ごねパンの本。写真が美味しそう。

| 小説・その他の本 | [Edit]
少しのイーストでゆっくり発酵パン こんな方法があったんだ。おいしさ再発見!

(「BOOK」データベースより)
ゆっくり発酵パン教室1 イーストのおべんきょう/ゆっくり発酵パン教室2 粉のおべんきょう/おすすめの粉を紹介/プロの技を取り入れましょう/基本のプチパン/基本のリュスティック/基本のパン・ド・カンパーニュ/基本のバゲット/基本のパン・ド・セーグル/洋梨とチーズのパニエ〔ほか〕

イースト量を減らす代わりに一次発酵を一晩かけてゆっくり発酵させる(長時間発酵 オーバーナイト)方法。冷蔵庫の野菜室で6〜10時間発酵させるか、温かいところで数時間とるかはどちらでもよい。

この本のレシピは試したが、イーストが少ないとイースト臭が減り美味しくなるので気に入った。時間さえあればつくり方は普通のパン作りと同じだし、ゆっくり発酵させるということはうっかり過発酵させてしまうリスクも減るので、外出中は冷蔵庫に入れて発酵させるなどアレンジをきかせてのんびりパン作りをする人には向いている。

早く完成させたいせっかちさんには向いてないと思うが、少イーストのパンは一度作ってみてほしい。お勧め。
| 小説・その他の本 | [Edit]
世界一かんたんに作れる ぐるぐるパン ちぎりパン

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
家事の合間のたった30分!!どんな人でも失敗なく、人気のパンが驚くほどラクに作れるレシピ決定版!こねずに、ボウルで混ぜるだけ。冷蔵庫で「ほったらかし」発酵。焼くのはトースターでOK!

こねないパンレシピ。

小麦粉以外の材料をボウルに入れて溶かし、強力粉を一気に混ぜ合わせてまとまったら一次発酵に入るという方法。
試してはいないが、簡単レベルでいうとかなり簡単である。グルテンのことを考えると焼き立てはともかく冷めた後が固くなりそうだなあ。すぐ食べる予定の時には試してもいいだろう。
基本的に生地は同じでぐるぐる巻きこむ食材が変わって惣菜パンや菓子パンにするだけなので、そのバリエーションの参考になる。
| 小説・その他の本 | [Edit]
冷凍生地で焼きたてパン

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
パン生地を作ったら、小分けにして冷凍しよう。丸パン、カンパーニュ、クロワッサン…。発酵したパン生地が冷凍庫にあれば、朝・昼・夜、いつでも焼きたてが味わえます。

一次発酵を終えた生地を冷凍して発酵を止め少しずつ後で焼けるようにする、という方法。

解凍したら形を整え二次発酵させて普通に焼けばよいらしい。冷凍庫から出してすぐ焼けるならいいかなあとも思うけど、解凍時間と二次発酵の時間を取られるとなると時間がかかるから朝すぐ焼き立てを食べるにはそこそこの時間的余裕がないとダメだなあ。それならもう一次発酵からすぐ普通に二次発酵に入って焼いちゃったものを冷凍して、食べる時にレンジでチンしたほうが……(笑)
| 小説・その他の本 | [Edit]
パンづくりに困ったら読む本

「BOOK」データベースより
家庭でのパンづくりをステップアップさせるために、プロのパン職人を輩出する辻調グループの製パン教授陣が、そのテクニックと知識を、余すことなく紹介。前半では基本のパンのつくり方を細かく説明し、後半にパンづくりに伴う疑問や、陥りがちなミスなどをQ&Aという形で、まとめました。

各種のパン作りの基本的な作業に対し、どういう理由でそれが行われるか等の解説が大変ためになる。作業の内容を理解しているだけで、パン作りの失敗の理由がわかるようになり、一歩進んで「どの作業を省略しても希望するレベルのパンは一応作れるのか」「どの作業さえきちんと気を付けて行えば目的のレベルのパンになるのか」等、アレンジがきくようにさえなる。

パン作りに困ったら読む本、ほんとうにその通り。お勧め。
| 小説・その他の本 | [Edit]
 : 1/51P : >>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

このページの先頭へ