インプット★極楽生活

「読む・見る・聞く」のインプット極楽生活。
その感想を片っ端から記録してみるblog。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | [Edit]
LIFE!
コメント:LIFE!

ベン・スティラー監督&主演のヒューマン・アドベンチャー。雑誌の表紙を飾る大切な写真を失くしてしまったウォルター。カメラマンを探すため世界中を旅する奇想天外な体験が、彼の人生を一変させていく。ダイナミックなヴィジュアルは圧巻。……引用

最初の方は妄想と現実の区別がつきにくくて入り込めなかったが、妄想がなくなってきてからは興味深く見られた。各エピソードはそれぞれ予想通りのオチになるが、それは期待通りの王道と言える。最終号の表紙はいい写真だ。

| DVD・映像 | [Edit]
ハリー・ポッターと賢者の石

「ホグワーツ魔法魔術学校への入学を許可します」。幼い頃に両親を亡くし孤独な日々を送っていた、ハリー・ポッターのもとに驚くべき手紙が届く。ハリーの両親は名高い魔法使いで、彼もその血を受け継いでいたのだ。魔法魔術学校での新たな生活に心躍らせるハリー。しかし巨大な怪物トロールの出現をきっかけに、不気味な事件が起こりはじめる。事件の核心に迫ったハリーを待ち受けていたのは、両親の死にも関わる宿命の対決だった…。

もう常識というか基礎知識として知っておいた方がいいレベルの有名作品。原作は既読。映画としてはまともに見る機会がなかったので見てみたのだが、うーん?ダイジェスト版かな?という勢いでエピソードがぶちぶち切れて流れがなんかガッタガタ。もうちょっとうまいことできただろうとは思うけど時間制限の都合なのか。ハーマイオニーはかわいいし、それぞれ子供がイメージ通りなのに惜しいなあ。そして、意外とクィディッチの時のCGがショボい感じがした。もっと自然にできるんじゃないのかなあ。それともこの制作時では動きのある画面とキャストとの映像調和はまだまだこんなもんだったのか…?なんかちょっとガッカリした。

| DVD・映像 | [Edit]
この世界の片隅に

1944(昭和19)年2月。18歳のすずは、突然の縁談で軍港の街・呉へとお嫁に行くことになる。
夫・周作のほか、周作の両親と義姉・径子、姪・晴美も新しい家族となった。
配給物資がだんだん減っていく中でも、すずは工夫を凝らして食卓をにぎわせ、
衣服を作り直し、時には好きな絵を描き、毎日のくらしを積み重ねていく。
1945(昭和20)年3月。呉は、空を埋め尽くすほどの艦載機による空襲にさらされ、
すずが大切にしていたものが失われていく。それでも毎日は続く。
そして、昭和20年の夏がやってくる――。

この世界の片隅に のアニメ映画。何年も上映されつづけるロングラン名作ということで見てみた。
いやあ…。あの原作をよくここまで違和感なく映像化できたなあ。
ヒロインの声をあてたのんさんのすばらしさよ。誰がキャスティングしたの。すごいよあんた!
評判通りの名作。

| DVD・映像 | [Edit]
マネーボール
評価:
価格: ¥ 1,500
ショップ: 楽天ブックス

ブラッド・ピット主演×『ソーシャル・ネットワーク』のタッグで贈る。メジャーリーグの常識を覆した、これは、真実の物語。選手からフロントに転身し、若くしてメジャーリーグ球団アスレチックスのゼネラルマネージャーとなったビリー・ビーンは、自分のチームの試合も観なければ、腹が立てば人やモノに当たり散らす短気で風変わりな男。ある時、ビリーは、イエール大学経済学部卒のピーターと出会い、彼が主張するデータ重視の運営論に、貧乏球団が勝つための突破口を見出し、周囲の反対を押し切って、後に“マネーボール理論"と呼ばれる戦略を実践していく。当初は理論が活きずに周囲から馬鹿にされるが、ビリーの熱い信念と、挑戦することへの勇気が、誰も予想することの出来なかった奇跡を起こす!! ……引用元楽天

アカデミー賞にやたらとノミネートされたという実話がもとになっている映画。

特殊な運営論で貧乏どん底球団を優勝に導いた男の半生という、かなりドラマチックなものなので大変期待をしたが「ふんふん、なるほどなるほど」という感じで見ている方の気持ちはそこまで熱くならなかった。
これはアメリカというメジャーリーグに熱い思いを抱いている国民性とそれに付随した実話認識がベースにあってこそ楽しめる映画なんだと思う。あれだ、二刀流の大谷選手がメジャーで活躍しているというニュースだったら飽きもせず繰り返しワイドショーで見てキャッキャウフフできる日本人みたいなもんだ。実際のメジャーリーグに対する熱い気持ちと予備知識があれば、かなり感動できるんじゃないのかな
| DVD・映像 | [Edit]
奇跡の庭 京都・苔寺

世界遺産、京都・西芳寺、通称「苔寺」
苔が奏でる極上の美の秘密に迫る―。


【収録内容】
「苔寺」の名で世界的に知られる京都・西芳寺庭園。庭一面を覆いつくす苔は全て自生したもの。
長い歳月を経て生み出された「奇跡の庭」です。
1年にわたるNHKの長期取材により、四季折々で表情を変える苔寺の美を記録。
さらに、120種以上もの多様な苔が自生する理由を科学的に解明し、その「美」が生み出された秘密に迫ります。

【語り】
大杉 漣
※正しくはシンニョウの「、」ふたつ …引用元Amazon

ものすごく映像が綺麗。DVD画質でも地デジと比べてそんなに違和感なく満足できる映像。さすがNHK、豊富な予算で時間をかけて一番いい時期の苔寺の景色を上手く撮ってるなあ。美しい緑の苔寺を満喫できる。大杉さんの語りも押しつけがましくなく、じんわりと耳に届いて勉強にもなる。良作。

| DVD・映像 | [Edit]
リトル・プリンセス~小公女~
フランシス・ホジソン・バーネット,アラン・C・ブランクィスト,エイミー・エフロン,リチャード・ラグラヴェニーズ
ワーナー・ホーム・ビデオ

美しく映像化された感動の名作文学。

家族との幸せな生活から突然孤児となった少女セーラ。その逆境の中でけなげに、自分らしく生きようとする…。
世界中の誰もが愛した、あの少女セーラが、文学の世界から飛び出し、美しい映像の世界で清々しい感動を呼び起こします。「マディソン郡の橋」のリチャード・ラグラヴェニーズ脚本、1万人の中から選ばれたセーラ役のリーセル・マシューズの素晴らしい演技と、ロスアンゼル批評家協会賞を受賞した幻想的な美術と音楽が、観る人の心に感動を呼び起こす愛と希望のファンタジー。 ……引用元Amazon

ようするにあの名作アニメ小公女セーラの原作の映画化ですよ。

幼少期にアニメを見ていた人にはおなじみのストーリー。突然一文無しになってしまったセーラがミンチンからひどい仕打ちを受けて、隣に住む金持ち爺さんの側近であるインド人が窓からヒュ〜スタッ(笑)ときらびやかな室内装飾とごちそうを魔法のように援助し、最後はハッピーエンドっていうアレ。アニメではもうインド人が忍者のようなヒーローでイケメンなもんだから幼女はもれなく恋に落ちたよねっていうアレ。

この映画でもくじけないセーラが最後に幸せを取り戻すので安心して家族で見られる作品。

| DVD・映像 | [Edit]
ショーシャンクの空に

スティーブン・キング原作、名匠フランク・ダラボンの劇場監督デビュー作にして、多くの人々の「マイ・ベスト・ムービー」のひとつに加えられた、新世代の傑作!
とある刑務所の受刑者が勝ち取り、分け与えた解放と救い―。
誰の心にも静かに、爽やかな感動が訪れる…。


ショーシャンク刑務所に、若き銀行の副頭取だったアンディ・デュフレーン(ティム・ロビンス)が、妻と間男を殺害した罪で入所してきた。最初は刑務所の「しきたり」にも逆らい孤立していたアンディだったが、刑務所内の古株で“調達係 ”のレッド(モーガン・フリーマン)は彼に他の受刑者達とは違う何かを感じていた。そんなアンディが入所した2年後のある時、アンディは監視役のハドレー刑務主任(クランシー・ブラウン)が抱えていた遺産相続問題を解決する事の報酬として、受刑者仲間たちへのビールを獲得する。この一件を機に、アンディは刑務所職員からも受刑者仲間からも、一目置かれる存在になっていく…。……引用元Amazon

やたらとレビューがいいので気になっていたのだが、あらすじを見る限り非常に暗そうだったのでいまいち見る気が起きなかった作品。

いやあ……見て良かった。名作。開始直後は予想通りの暗くて理不尽で痛そうなキツイ展開だったが、アンディがビールを獲得したあたりから話がどんどん前向きになってくる。そして最後は「よっしゃー!」的な満足感のあるエンディングを迎えるので、万人向けの名作だと思われる。なんとなく暗そうだから見る気がしないという人はそこをなんとか乗り越えて手に取るべき。

| DVD・映像 | [Edit]
ズートピア

動物たちの“楽園"ズートピアで、ウサギとして初の警察官になったジュディ。でも、ひとつだけ問題が…。警察官になるのは通常、クマやカバのように大きくてタフな動物たちで、小さく可愛らしすぎる彼女は半人前扱いなのだ。だが、ついにジュディも捜査に参加するチャンスが! ただし、与えられた時間はたった48時間。失敗したらクビで、彼女の夢も消えてしまう…。頼みの綱は、事件の手がかりを握るサギ師のキツネ、ニックだけ。最も相棒にふさわしくない二人は、互いにダマしダマされながら、ある行方不明事件の捜査を開始。だが、その事件の背後にはズートピアを狙う陰謀が隠されていた…。 ……引用元Amazon

人型のキャラクターよりずっと愛嬌があり親しめた。それよりなにより、とにかく細かいCGがすごいなあと。

アニメ作品はCGが良いというわけでは決してないし、やはりCGがリアルになりすぎるからこそ手書きの味と表現力のすごさというのがわかる場合も結構多いので「CG画面が綺麗だからディズニーアニメはすごい」という話にはならないが、技術的にすごいものはすごいので一見の価値ありである。

キャラクターとしては、海外のキャラクターは日本人からみると自己中心的すぎてなかなか親しめないことも多いが、この主人公のウサギと、相棒のキツネは、愛らしくカッコイイ素敵なキャラクターに仕上がっており、ディズニー特有のでかくて怖い目もリアル動物CGで意外と許せた。

子供向けだがお姫様系ではないからか軽い推理大捕り物として無理なく視聴できるレベルで、細かい伏線も効果的に回収されており全体的によくまとまっている。ディズニーアニメが苦手な人が「アカデミー賞をはじめとして各賞を総なめした最近のアニメ技術をチェックしてみるか」と手に取るのに最適だと思う。お勧め。

| DVD・映像 | [Edit]
インセプション
クリストファー・ノーラン
ワーナー・ホーム・ビデオ

盗むのは、おまえの 〈アイディア〉

他人の頭の中に侵入してアイディアを盗むプロフェッショナル集団
今、絶対不可能なミッションが始まる

ドム・コブ(レオナルド・ディカプリオ)は、人が一番無防備になる状態―
夢に入っている時に潜在意識の奥底まで潜り込み、他人のアイデアを盗み出すという、危険極まりない犯罪分野において最高の技術を持つスペシャリストである。
コブが備えもつ類稀な才能はこの業界でトップレベルであり、裏切りに満ちた企業スパイの世界において引っ張りだこの存在となっていた。
だがその才能ゆえ、彼は最愛のものを失い、国際指名手配犯となってしまう。

そんな彼に絶好のチャンスが訪れる。
彼が最後の仕事と決めたミッションを果たすことさえできれば、かつての幸せな人生を取り戻せるかもしれないのだ。
だがその任務はほぼ不可能に近い「インセプション」と呼ばれるものだった。
今回は彼が得意とするアイデアを盗み取るミッションではなく、コブとその部下のスペシャリストたちで構成されたチームは強盗とは真逆の行為―
つまり 「インセプション」 とはアイデアを“盗み出す”のではなく他人の潜在意識に入り込み、ある考えを“植えつける”という最高難度、究極のミッションを意味する。
これを成し遂げればそれこそ真の完全犯罪となりうる。

しかしながら最高の技術を持ち、細心の注意を払って準備を行ったが、予測していなかった展開が待ち受けていた。
彼らの動きを全て先読みする手強い敵と対戦する準備は到底できていなかったのだ。
その敵の存在を予見できたのはコブただひとりだった――。……引用元Amazon

SF設定を受け入れられるかどうかがカギ。SFの特殊な設定を理解できないもしくは理解する気がない人にとっては荒唐無稽な話にしか見えないらしい。まあ、夢をどこまで自在に動かせるのかとか細かい設定説明が無いと「いやいや、なんかテンパってるけどさ、抜け道は本当に無いの?こんな特殊な夢の世界なんだからどっかでなんかできるんじゃないのか」といまいち切迫感が伝わってこないのも事実。

それを「まあどうにもならないとして見守ろう」とするにしても、最後のオチが現実なのか夢なのかの判断は観客がそれぞれご想像くださいなのかなんなのか…どうもスッキリしないのが不満。もっとはっきりパキッとカタルシスを感じさせてほしいなあー!

はっきりといえば「どこからCGなのかがわからない」というCG技術の発展ゆえに現在のCGのすごさがいまいちわからない昨今、「現実にはあり得ない世界なのでこれがCGだと確信できるがゆえの技術のすごさ」が見て楽しい映画ではあった。

| DVD・映像 | [Edit]
殿、利息でござる!

" 金欠のため、百姓や町人へ容赦なく重税を課していた仙台藩。中でもさびれ果てた小さな宿場町・吉岡宿では、破産と夜逃げが相次いでいた。
町の将来を心配する十三郎(阿部サダヲ)は、知恵者の篤平治(瑛太)から宿場復興の秘策を打ち明けられる。それは、藩に大金を貸し付け利息を巻き上げるという、百姓が搾取される側から搾取する側に回る逆転の発想であった。計画が明るみに出れば打ち首確実。必要な資金は千両。現在の3億円という大金を水面下で集める、前代未聞の頭脳戦が始まった。
「この行いを末代まで決して人様に自慢してはならない」という“つつしみの掟"を自らに課しながら、さらに強欲お奉行の嫌がらせを乗り越えて、十三郎とその弟の甚内(妻夫木聡)、そして宿場町の仲間たちは、己を捨てて、ただ町のため、人のため、私財を投げ打ち悲願に挑む!
ビンボー庶民の一世一代の大勝負! 結果はいかに―! ?" ……引用元Amazon

てっきりハチャメチャ時代劇コメディだと思っていて……マジすみませんでした。
とてもいい人情映画でした……(´;ω;`)

実話ベースというのがとても信じられないほどのいい話。重くなりすぎないように笑いを混ぜて展開していくものの、グッとくるエピソードはキチンと魅せて確実に感動させる。全編飽きることなく進み、本当に意外だったのだが涙無しでは見られない感動作(個人的な感想です)。ドラマや映画には「なんでこんな大根を…」と思うような人が混ざり芸能界のしがらみを感じずにはいられないことがままあるのだが、この映画に関しては演技達者な役者でがっちりまとめているのも素晴らしかった。殿様は…まあ…あれくらい良し(笑)

久しぶりに見て良かったと思えた映画だった。名作。お勧め。

| DVD・映像 | [Edit]
 : 1/6P : >>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

このページの先頭へ