インプット★極楽生活

「読む・見る・聞く」のインプット極楽生活。
その感想を片っ端から記録してみるblog。
インセプション
クリストファー・ノーラン
ワーナー・ホーム・ビデオ

盗むのは、おまえの 〈アイディア〉

他人の頭の中に侵入してアイディアを盗むプロフェッショナル集団
今、絶対不可能なミッションが始まる

ドム・コブ(レオナルド・ディカプリオ)は、人が一番無防備になる状態―
夢に入っている時に潜在意識の奥底まで潜り込み、他人のアイデアを盗み出すという、危険極まりない犯罪分野において最高の技術を持つスペシャリストである。
コブが備えもつ類稀な才能はこの業界でトップレベルであり、裏切りに満ちた企業スパイの世界において引っ張りだこの存在となっていた。
だがその才能ゆえ、彼は最愛のものを失い、国際指名手配犯となってしまう。

そんな彼に絶好のチャンスが訪れる。
彼が最後の仕事と決めたミッションを果たすことさえできれば、かつての幸せな人生を取り戻せるかもしれないのだ。
だがその任務はほぼ不可能に近い「インセプション」と呼ばれるものだった。
今回は彼が得意とするアイデアを盗み取るミッションではなく、コブとその部下のスペシャリストたちで構成されたチームは強盗とは真逆の行為―
つまり 「インセプション」 とはアイデアを“盗み出す”のではなく他人の潜在意識に入り込み、ある考えを“植えつける”という最高難度、究極のミッションを意味する。
これを成し遂げればそれこそ真の完全犯罪となりうる。

しかしながら最高の技術を持ち、細心の注意を払って準備を行ったが、予測していなかった展開が待ち受けていた。
彼らの動きを全て先読みする手強い敵と対戦する準備は到底できていなかったのだ。
その敵の存在を予見できたのはコブただひとりだった――。……引用元Amazon

SF設定を受け入れられるかどうかがカギ。SFの特殊な設定を理解できないもしくは理解する気がない人にとっては荒唐無稽な話にしか見えないらしい。まあ、夢をどこまで自在に動かせるのかとか細かい設定説明が無いと「いやいや、なんかテンパってるけどさ、抜け道は本当に無いの?こんな特殊な夢の世界なんだからどっかでなんかできるんじゃないのか」といまいち切迫感が伝わってこないのも事実。

それを「まあどうにもならないとして見守ろう」とするにしても、最後のオチが現実なのか夢なのかの判断は観客がそれぞれご想像くださいなのかなんなのか…どうもスッキリしないのが不満。もっとはっきりパキッとカタルシスを感じさせてほしいなあー!

はっきりといえば「どこからCGなのかがわからない」というCG技術の発展ゆえに現在のCGのすごさがいまいちわからない昨今、「現実にはあり得ない世界なのでこれがCGだと確信できるがゆえの技術のすごさ」が見て楽しい映画ではあった。

| DVD・映像 | [Edit]
殿、利息でござる!

" 金欠のため、百姓や町人へ容赦なく重税を課していた仙台藩。中でもさびれ果てた小さな宿場町・吉岡宿では、破産と夜逃げが相次いでいた。
町の将来を心配する十三郎(阿部サダヲ)は、知恵者の篤平治(瑛太)から宿場復興の秘策を打ち明けられる。それは、藩に大金を貸し付け利息を巻き上げるという、百姓が搾取される側から搾取する側に回る逆転の発想であった。計画が明るみに出れば打ち首確実。必要な資金は千両。現在の3億円という大金を水面下で集める、前代未聞の頭脳戦が始まった。
「この行いを末代まで決して人様に自慢してはならない」という“つつしみの掟"を自らに課しながら、さらに強欲お奉行の嫌がらせを乗り越えて、十三郎とその弟の甚内(妻夫木聡)、そして宿場町の仲間たちは、己を捨てて、ただ町のため、人のため、私財を投げ打ち悲願に挑む!
ビンボー庶民の一世一代の大勝負! 結果はいかに―! ?" ……引用元Amazon

てっきりハチャメチャ時代劇コメディだと思っていて……マジすみませんでした。
とてもいい人情映画でした……(´;ω;`)

実話ベースというのがとても信じられないほどのいい話。重くなりすぎないように笑いを混ぜて展開していくものの、グッとくるエピソードはキチンと魅せて確実に感動させる。全編飽きることなく進み、本当に意外だったのだが涙無しでは見られない感動作(個人的な感想です)。ドラマや映画には「なんでこんな大根を…」と思うような人が混ざり芸能界のしがらみを感じずにはいられないことがままあるのだが、この映画に関しては演技達者な役者でがっちりまとめているのも素晴らしかった。殿様は…まあ…あれくらい良し(笑)

久しぶりに見て良かったと思えた映画だった。名作。お勧め。

| DVD・映像 | [Edit]
はやぶさ/HAYABUSA
---
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

<ストーリー>
博士を目指しながら論文を書き続ける水沢恵のもとに、一本の電話がかかってくる。その声の主は宇宙科学研究所(現:JAXA 宇宙航空研究開発機構)の的場だった……2010年6月13日。小惑星〈イトカワ〉調査を目的に、2003年5月に日本から打ち上げられた小惑星探査機はやぶさが地球に帰還した。月以外の天体からサンプルを採取して持ち帰るというミッションは、NASAでさえ成し得なかった人類初の快挙だった。7年間、60億キロにも及ぶ旅は、絶体絶命のピンチの連続。大きなプレッシャーと次々と降りかかるトラブルに、メンバーたちはどのように立ち向かっていったのか……

<ポイント>
●世界に誇るはやぶさの誕生から帰還までを語る真実の物語
宇宙業界関連者、映画業界社からの評価は高く、さらにYAHOOポイントでも4.2の高得点
●俳優陣の完全コピーぶりはJAXAスタッフのお墨付き、まさしく実話
●充実のオーディオ・コメンタリー
はやぶさ関係者が映画本編だけではなく、オーディオ・コメンタリーにも協力。映画の裏側から実際のミッションの様子まで、より映画を楽しめる充実の内容 ……引用元Amazon

はやぶさ 遥かなる帰還がひどかったので、なんだかすごく出来がいいように見えた(笑)

はやぶさを支える人達の奮闘とはやぶさについて、かなりわかりやすく描かれている。多分「はやぶさの映画を見よう」と思った人が期待する物がかなりのレベルで出来上がっていると思われる。はやぶさ映画として良作。

| DVD・映像 | [Edit]
グラン・トリノ

『硫黄島からの手紙』のクリント・イーストウッド監督・主演
男の人生は、最後で決まる。


妻に先立たれ、一人暮らしの頑固な老人ウォルト。人に心を許さず、無礼な若者たちを罵り、自宅の芝生に一歩でも侵入されれば、ライフルを突きつける。そんな彼に、息子たちも寄り付こうとしない。学校にも行かず、仕事もなく、自分の進むべき道が分からない少年タオ。彼には手本となる父親がいない。二人は隣同士だが、挨拶を交わすことすらなかった。ある日、ウォルトが何より大切にしているヴィンテージ・カー<グラン・トリノ>を、タオが盗もうとするまでは――。
ウォルトがタオの謝罪を受け入れたときから、二人の不思議な関係が始まる。ウォルトから与えられる労働で、男としての自信を得るタオ。タオを一人前にする目標に喜びを見出すウォルト。
しかし、タオは愚かな争いから、家族と共に命の危険にさらされる。彼の未来を守るため、最後にウォルトがつけた決着とは――?……引用元Amazon

かたくなな頑固ジジイにしてはバーベキューに簡単に釣られすぎとか、隣人と仲良くなる過程にちょっと急ぎすぎというか不自然さを感じはするが、いい話。期待しないで見ているとラストはうっかり泣いてしまうレベル。

病気で死ぬ運命だとわかっているからこそ許される自己犠牲エピソード。確かに復讐でミスった経験から考えると、この方法が残される家族にとっても隣人にとっても一番いい罠なんだろう。お勧め。

| DVD・映像 | [Edit]
マイ・インターン
---
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント

あの『プラダを着た悪魔』のアン・ハサウェイが、ファッションサイトの社長に!
全ての女性を応援するデトックス・ムービーの誕生

わたしを救ってくれたのは、40歳年上の“新人(インターン)"
舞台はニューヨーク。
華やかなファッション業界に身を置き、プライベートも充実しているジュールス。
そんな彼女の部下に会社の福祉事業として、シニア・インターンのベンが雇われる。
最初は40歳も年上のベンに何かとイラつくジュールスだが、
やがて彼の心のこもった仕事ぶりと的確な助言を頼りにするようになる。
そんな時、ジュールスは仕事とプライベートの両方で思わぬ危機を迎え、大きな選択を迫られる──。……引用元Amazon

老インターン仕事ができすぎ(笑)

明るくハッピーなストーリーで見やすく楽しい。細かいことを気にせず気分良く気軽に見るのに最適な映画。良作。

| DVD・映像 | [Edit]
幹事のアッコちゃん

アッコ女史&“永遠の部下"澤田三智子みたび!
「アッコちゃん・ロス」の方々の嘆きが編集部に届き、期待にお応えして、今回はすべて黒川敦子登場の「オール・アッコちゃん」短編集。
とてつもない存在感でいつでもブレない、ご存じアッコ女史が今回もストレートすぎる叱咤激励を連打します!
妙に冷めた若手男性社員、敵意を持ってやってきた取材記者、そして時間がうまく使えない三智子。
栄養たっぷりのアドバイスはいかが。さくっと読めて元気をもらえるビタミン小説、待望の第3弾! ……引用元Amazon

ランチのアッコちゃん3時のアッコちゃん に続く第三弾。なんと、今まで「アッコちゃんと部下美智子の話が読みたいのになんで毎回無関係の人が出てくるんだ」と思わされ続けて3冊目、ついに全編アッコちゃんである。

おお、待ってましたー!とは思ったけど、アッコちゃんがメインの話ばかりとなるとアッコちゃんのキャラが詳しく描かれる事になりアッコちゃんの神秘性が失われる事と同一になるんだなあ。ちょっと自分が求めていたアッコちゃん像とは違ってがっかりした部分もあった。

それにいままでの作品で毎回「美味そう」と思わされてきた料理の描写が少なく「食描写で満たされる幸せがこのシリーズの読者としてのテーマ」だった自分には物足りなかった。

ちょこちょこと短い短編集で軽くアッコちゃんからの美智子の別れ(?)までを紡いでいく構成となった本編。シリーズ最終巻ということになるのかもしれない。見届けられて満足である。

 

| 小説・その他の本 | [Edit]
正直 余裕はありません。 いっぱいいっぱいだけど2人育児楽しんでます

子ども1人でも手一杯なのに、2人めができた日には一大事!!産む前は親戚プレッシャーや世間の声、ママ友の助言に悶々として、いざ産むと決めたら歳の差、産み分け、頼りないダンナ…と問題山積み、そして産まれた後は生活崩壊…!?正直いっぱいいっぱいだけど、母はなんとか頑張ってます!迷いも悩みも素直に描いた、苦労は10倍、喜びは無限大(!?)のドタバタ出産&育児コミックエッセイ! ……引用元Amazon

子供が二人以上だと大変だよねえ…。

数ページのミニエッセイ漫画と4コマ漫画で構成されているが、4コマ漫画は1ページにつき1つのみというページが多く分量としてはスッカスカで読みやすいといえば読みやすい。あっという間に読破できる。

全く子供に縁のない読者が読んでも想定内のエピソードがほとんどなので意外性や発見などはないが親しみは持てるし、子供を持っている人はあるある漫画として楽しめるだろう。

購入するとなると内容量からして1000円は高すぎるなあ。

| コミック | [Edit]
森高千里の暮らしのレッスン

少しの工夫で毎日が「ワクワク」する!食べる、飲む、家を飾る、手作りをする…日々の生活をより楽しくするために、森高千里がその道の先達にレッスンを受けました。毎日の暮らしは「おもしろきこと」で溢れています!雑誌『クロワッサン』の好評連載を書籍化! ……引用元Amazon

エッセイ集かと思ったら、森高さんが生徒としてその道の人の授業を受ける講座本みたいな感じだった。内容は特に目新しい事はないが、おばさんになっても綺麗な森高さんにビビる。それしか印象がない。バンパイアか。

| 小説・その他の本 | [Edit]
ホームセンターマニアがつくるカッコいいインテリア

1章・ホームセンターの面白パーツを使ってインダストリアルな部屋をつくろう!ニップル家具でつくるロフト風の部屋。/ペグボードでつくるオシャレなアトリエ…ほか ……引用元Amazon

カッコイイインテリアをDIYしたい人にはとても参考になる。溶接ができなくてもこういう感じのザクザクとカッコイイ系家具が色々作れることがわかり勇気が出る。

| 小説・その他の本 | [Edit]
バリ島晴ればれ絵日記

熱帯の楽園バリ島で、ゆったりゴージャスに過ごしたい…と言いつつも、お葬式ウォッチング、ビューティーサロン体験、バリ・アート入門と、いろいろ挑戦してきました。バリ紀行エッセイ&コミック。 ……引用元Amazon

そこまで古くはないと思うのだが、なんかやたらと古く読みにくい印象を受ける謎の本。

ゴージャスなバリというよりも、発展途上国の不便エッセイみたいな…。行きたいとは到底思えなかったので途中でリタイアしたんだけど、後半はゴージャスになったんだろうか。

| コミック | [Edit]
 : 1/69P : >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

このページの先頭へ